こんな依頼がありました…Part❼-7

こんな依頼がありました…Part❼-7

~やっぱり浮気をしてたのね🎵vol.7~

仮に、警戒していて、二つ目の角を彼が走ったとして…

この時の彼は革靴。

僕は、調査員全員を、僕が彼を見失った場所に呼びました。

で、一番若い調査員に、彼が曲がった二つ目の角から、ダッシュで走らせてみました。

そして僕は、一つ目の角を曲がったところからダッシュする…。

よーいドンで、お互いに角から走り、僕が二つ目の角を曲がったところで、調査員にストップさせる。

それで、ほぼ彼が左右のどの路地を曲がったのか、いくつか推測できたのです。

あのタイミングで、彼がその先の大通りまで行く事は、ほぼ不可能。

とすると、おのずと彼が曲がったであろう路地が二本ほどに絞られたのです。

ここからは簡単。

その日は、もう無理だとして、次の機会を待つ事にしたのです。

当然、この日は不可効力ですから、依頼者に報告して、次のチャンスを頂きました。

果たして、次の調査日。

彼は、前回と同じ様に電車で中野坂上に来ました。

僕らは、前回のようにゾロゾロと尾行はしません。

当然、生徒さんは外しました。

まず、尾行は彼が丸ノ内線に乗った事を確認。無理な尾行はせず、失尾しても良いくらいに離れるように指示。

次に、中野坂上の彼が出てくる地上出口に調査員をひとり配置。

僕と二人の調査員の計三人は、予め、中野坂上で前回、僕が彼を見失った路地の二つ目の角を曲がった先に先回り。

で、二人の調査員をそれぞれ、彼が前回曲がったであろうと絞った路地に隠れて待機。

この二人の調査員がそれぞれ待機したところで、駅の出口で張り込んでいた調査員から、僕に連絡が入りました。

つまり、今、彼が駅の出口を通過して、僕らがいる方向に向かっているという事です。

駅の出口で彼を確認した調査員は、当然のように尾行はしません。

僕は調査員の報告を受け、あとは路地に潜んでいる調査員に、とにかく、持ち場だけを押さえるように指示を出し、彼がこっちに向かってくる道を、逆に戻るように歩いて行きました。

一つ目の角に差し掛かった時、こちらに向かってくる彼の姿が見えました。

僕は、彼とすれ違い、彼が一つ目の角を曲がったところで、潜んでいる調査員に連絡しました。

あと、30秒ほどで、彼が二つ目の角を曲がる…と。

思った通り、彼は潜んでいた二人の調査員の路地に入り、すぐに戸建住宅の裏側に立地する、木造二階建ての古いアパートに入って行った事を、潜んでいた調査員が確認しました。

ー 大成功‼️ ー

…と言いたいところですが、これではダメ…

表札は出てないし、女性の姿は確認してないし…💧

とはいうものの、ここから先はそんなに難しい事はありませんでした。

後日、彼は新宿で女性と会って食事…その女性と一緒に、中野坂上で判明したあの古いアパートに入って行ったのだから。

その後は、依頼者である奥さんにレポートを提出し、彼女が新宿御苑の法律事務所に行かれました。

僕らは、その後のフォローで、弁護士先生の指示のまま、レポートを編集。
さらに相手女性の氏名を調べろとの弁護士からの指示で、ある方法を使って、相手女性の氏名を判明させて弁護士先生に報告。

依頼者である奥さんは…

喜んでいましたね…。

『やっぱり浮気をしてたのね🎵』

…と。💧

(おしまい。)

本当にあった依頼カテゴリの最新記事