こんな依頼がありました…Part❼-2

こんな依頼がありました…Part❼-2

~やっぱり浮気をしてたのね🎵~vol.2

「いつが怪しいですか❓」

…何て不毛な質問。

だって、彼女は夫が浮気していたらラッキー的な感覚で、それらしい疑惑は何もないと、たった今言っていたばかりなのだから。

「とりあえず…」彼女が言いました。

「平日の勤務後。家に帰るまで調査をお願いします。毎日帰りが遅いので、何かあるんじゃないかと。」

(疑惑ぢゃん‼️)

だって、そうでしょ。何もないとは言っていたけど、ほら、帰りが毎日遅いって。

(あるある…いや、あり得る。)と僕は自分の都合の良いように考えたけど、帰りが毎日遅いっていうだけで浮気を疑われていたら、世の中の男性陣は皆んな浮気大魔王になってしまう。💧

「なるほど。」

僕は、再びこのセリフを吐いたけど💧少し顔を赤くし、咳払いをして言いました。(笑)

「因みに、土日はどうなんですか❓」

「土日はないです。だいたい土日は家にいますし、私もいますので。子供がまだ小さいし。」

…なるほど。…と言ってしまいそうなのを必死に押さえ、

「わかりました。では、明日からでも始めてみましょう。」

と契約書にご署名頂き、翌日から彼女の指示通り、夕方の5時から彼の勤務先…&彼女の勤務先から張り込む事になりました。

彼/彼女の勤務先は、銀座の一等地にいくつもビルがあって、彼/彼女の勤務するビルは、新橋に近いところにありました。

夜になると、クラブや飲み屋が連立する場所ですから、路上駐車がひどい。

余談ですが、銀座は夜になると、タクシーの数が半端じゃなく、一方通行も多いですから、一歩間違えるとタクシーの列に阻まれ、身動きできなくなります。

そんな中、張込みをして21時ころ、彼が勤務先ビルから、同僚らと一緒に出てきました。

彼らは新橋のガード下にある居酒屋に入って行きます。

店内に入るまでは女性の姿をはありませんでしたが、店内で合流しているという事も考えられます。

彼の会社のような大会社になると、勤務先の同じ部署の女性という事も十分に考えられますし、

依頼者である奥さんは彼とは部署が違いますから、その可能性もあると言っていました。

それに、

「うちの会社って、そういうの多いんですよね(笑)」

と彼女は言っていましたから。

(7/27頃 掲載につづく)

本当にあった依頼カテゴリの最新記事