こんな依頼がありました…特別編〜危険な依頼〜vol.7

こんな依頼がありました…特別編〜危険な依頼〜vol.7

~危険な依頼vol.7 最終回~

また、奴ら関係の仕事…

僕らの仲間内では噂になっていましたから、パートナーをオファーしましたが、殆ど皆んなに断られました。(笑)

「すみません…その案件は勘弁して下さい…。」と(笑)

唯一、断らず協力してくれたのが、この業界の大先輩でもあり、飲み友でもある、A調査事務所のO氏でした。

まぁ…仕方がないでしょう(笑)

誰だって、リアルにリスクを冒すような仕事はしたくないでしょうし。

まさに、リアル過ぎましたから(笑)

で、翌日。O氏と愛知県の某地裁で張込みを開始。

法廷が閉廷して、間も無く、依頼会社の社長や、相手方の人物(以下、「男性S」)とその弁護士と思われる人物らが出て来ました。

裁判所から、男性Sと弁護士はタクシーに乗車しました。

僕らはタクシーを尾行。

タクシーは、割と近くの最寄駅のロータリーで停車して、男性Sだけが降りると、弁護士は降車しないで走り去りました。

男性Sは単身で、ゆっくり歩いて行きます。

僕は車を降りて、ひとり徒歩尾行になりました。

この後は、何なく彼らの潜伏先は割れました。

ある場所の、古い団地でした。

やれやれ…と思いきや…

依頼人が無謀なのを忘れていました。

そう…またです。

24時間、監視しろと…(笑)

まぁ…仕方がなく、良い監視場所を探そうと、車で団地の周りを車でゆっくり走りました。

この日はO氏に運転して頂いていたので、僕は助手席でした。

少し走ったところで、路地を通り過ぎた時、

(あれ⁉️)と思い、

「Oさん、申し訳ないですが、少ぉーし、バックしてもらえます❓」

と頼みました。

O氏がブレーキを踏んで、バックギアに入れて、バックすると…

「やっぱり…💧」

びっくりすると同時に笑ってしまいました。

その路地にあったのは、

あの、ウィンダムだったのです。

昨日の今日で、本当にタイミングが悪すぎ(笑)

とはいうものの、これで殆ど点と点が線で繋がった感じになりました。

今までの一連の出来事が、今までは繋がっている事はわかっていても、実質的にはバラバラでしたから。

結局、朝まで監視して愛知県での仕事は終わりました。

そして、東京に帰ってから、僕に降りかかっていた問題が、

意外にも、呆気なく幕を下ろすのです。

東京に帰り、そのまま自宅に帰宅しました。

妻子が帰って来ていて、少し心配でしたが、翌朝も周囲を見回しても奴らがいる様子はありませんでした。

車に乗って、事務所に向かいましたが、誰かが尾行する様子もなく、あのウィンダムの姿も見当たりませんでした。

事務所に着いて、事務所の周りも注意深く見てみましたが…

とりあえず、大丈夫な様子…

(何なんだ、この感じ…💧)

すると、珍しく妻から携帯に電話が。

何かと思ったら、奴らのアクション第二弾…

一通の手紙が。

正確には、手紙というより、

“内容証明郵便”

あの、Y氏からでした。

内容文面は、大かた、次のような内容です。

『貴殿は、◯◯月◯◯日 午前◯時頃から私の後をつけ回して、私が貴殿を制止して、それを問い正そうとすると、貴殿は狂ったように交通違反を繰り返し逃げ切りました。
私の後をつけ回した理由と依頼人を直ちに教えなさい。さもなくば法的手段にてしかるべき処置を取ります…云々。』

正直…何だこれは…❓💧と拍子抜けでした。

まあ…内容証明郵便などは何の効力もありませんから、要するに“忠告”って事でしょうね…

けど、法的になんてやるわけがないし、仮にやったら、Y氏が笑い者になるだけ。

だって、そうでしょ?

新宿通りなんざ、仕事でしょっちゅう走っている。それだけで、“つけ回した”などと言われたら、国道だって走れやしませんよ(笑)

頭の可笑しいオッさんと思われるだけだす。

ただ、そのくらいしか、できなかったのでしょう…

元請けの社長にも見せましたが、呆れてポカーンと口を開けてましたね。

結果として、奴らを調査する依頼はあの日以来来なかったので、Y氏の内容証明郵便が効いたかのような終わり方になりました。

けど、まぁ…終わってくれて良かったです。何事もなく無事に。

何よりも妻子や家族には何もなかった。それが何より。

ただ、妻が今頃になって、

「そう言えば、車がうちの駐車場に停まってた!
あんたが帰って来たのかと思って気にしなかったんだけど、よく見たら別人。そしたら、すーっと走っていっちゃって…」

これ、僕が初めて奴らに尾行される、ちょっと前の話だそうです。

ってか…旦那の車と奴の車くらい見分けろっつぅの…💧

「だって、」妻は言う。

「車なんか、みんな同じに見えるもの‼️」

(おしまい💧…完結)

本当にあった依頼カテゴリの最新記事