こんな依頼がありました…Part❼-6

こんな依頼がありました…Part❼-6

~やっぱり浮気をしてたのね🎵vol.6~

中野坂上で電車を下車し、改札を通過して地上に出ました。

甲州街道沿いの歩道を歩く彼。

ところが、少し歩いたところで突然立ち止まり、通り過ぎる人の顔を全て確認しているのです。

ちょうど、彼の後ろを追尾していた調査員は立ち止まる事はできず、彼の前を通り過ぎ…振り向く事さえできない。

僕は、というと、実は道路の反対側に渡って平行して尾行していたので、彼の様子をずっと見る事ができました。

彼は途中立ち止まり、道路側に体を向けたまま、左右を見回し、相変わらず通り過ぎる人の顔をチェックしています。

彼と同じ歩道を尾行していた調査員は、一人残らず一歩も前に進めず…

と、その時、彼は道路に向けていた体をくるりと反対側に向き返し、路地へと入って行ったのです。

細く、暗い路地で、このまま行かれたら失尾する…

他の調査員は気が付いていない。

僕は道路の反対側で、車がビュンビュンと走っていました。

仕方がなく、僕は道路に飛び出して、走ってくる車に両手を上げてスピードを落とさせ、一気に道路を渡りました。

間一髪…。

薄暗い路地の次のカーブに差し掛かる彼が見えました。

けど、一気に彼との距離を縮めないと、さらにどこかの路地に入られたら、彼の行き先が分からなくなってしまいます。

僕は極力、足音をさせないように走りました。

そうは言っても、あれだけ警戒行動をとった彼です。

角を曲がった瞬間に、隠れて立ち止まっている…なんて事もあり得るし、正直、この時も頭をよぎりました。

果たせるかな…

角に差し掛かり、走る速度を落として曲がると、

そこに彼はいませんでした。

何故なら、彼はさらに次の角に差し掛かっていたからです。

そして…僕は、またダッシュ…。

何とかカンとか…彼に気づかれないまま追えていました。

ところが、次の角を僕が曲がると、

もう、そこに彼の姿はなく、その先の道にも、彼の姿は微塵もありませんでした。

(こんなに必死に追ったのに…💧)

この時の落胆ぶりったらなかったですね(笑)

でも、落胆していたのは、ものの数秒でした。

僕には、彼の行き先を特定するための自信があったからです。

(8/24頃 掲載につづく)

本当にあった依頼カテゴリの最新記事