こんな依頼がありました。Part❸

こんな依頼がありました。Part❸

~子供より間抜けな大人“さぼる人”~

これは…やはり、大変多い内容の依頼です。
病を理由に会社を休職しているけれど、どうも噂では休むほどてはない様子だ…という。
その事実確認の為に依頼に至るわけです。
いやはや、実は本当に多いのですね。
たくさんの事例があるので、いくつかお話したいと思います。
いっぺんには話せないので、2回にわけて、ふたつのお話を…
今回も次回も、要するに、
“子供か‼️”
と言いたくなるようなお話。
調査対象者は、50代の社員。依頼者は、この男性が勤務する会社。
この男性は、ある時から腰痛を理由に会社を休職しました。
数ヶ月経っても容態は芳しくないという事で休んでいました。
ところが、やはり噂っていうのは、どこからか必ず流れます。
噂では、本人の腰痛は最初から大した事はないという。
事実確認のため、僕らは依頼を受けて彼の自宅から監視を始めました。
まぁ…腰痛っていうのは、確かに気まぐれ。僕も経験がありますが、酷い時は立つのもやっと…
かと思いきや、調子が良くでスタスタと平気で歩ける時もある。
ヘルニアや狭窄症の場合は、ひどくなると最悪は手術って事にもなりますが、傍目からは分かりにくいのが腰痛ってやつです。
が、しかし…逆に言えば、傍目から見て、
『おい、おい。腰大丈夫なんじゃないの❓』
って思われるような事をして、会社を休んでいては、やはり大人としてどうなの❓と言われても仕方がありません。
さて…早朝から監視して、午前9時過ぎくらいに自宅から本人が出てきました。
まぁ、普通に見えます。
ですが、腰痛持ちでも、お天気は良いし、そういった時は調子が良い事があっても不思議ではありません。
彼は車に乗って外出する様です。
ただ、ちょっと格好がスポーティ…
ポロシャツ風に短パン。
よく見えませんでしたが、トランクに何かを積んだ様子です。
車が発進し、僕らも調査車両とオートバイで尾行を開始しました。
15分ほど走ったところで、どうやら目的地です。
『えっ⁉️』と思ったのが正直な気持ち。
~テニスコート~
まさかの、テニスコート。
数人の人が既に集まっていました。
まあ、それでも彼がテニスをするとは限らないし、多少のリハビリ程度のものなら、逆に腰には悪くはないでしょう。
腰痛や肩こりなどは、適度な運動も筋肉をほぐします。
果たして、テニスが始まりました。
そう…
アウトです。
彼はリハビリどころか、ラケットを豪快にブンブンと振り回し、コート狭しと走り回り、時には回転レシーブ…
…アウト…です。
つまり、仕事に影響するような容態には、あくまでも客観的に認められない。
子供か…💧
えーっと…
結局、これが決めてになり、
やはり、クビになったそうな(笑)
腰痛で医者に行ったのは、会社を休む少し前に数回程度だそうで、
その後は、全く医者にも行かず、テニスをしたり、飲みに歩いたりと、そんな生活を送っておりました。
残念…💧
ですが、これは“さぼる”というより、背任行為に近いですね。
嘘をついて仕事を休み、給料を搾取しているのだから。
こんな大人が子供をダメにするんです。

本当にあった依頼カテゴリの最新記事